「お便り」の記事一覧(2 / 85ページ)

偶然から感じたご縁

1220

先週、お世話になっている方と、その方が紹介くださった知人と久しぶりにお食事をご一緒したいとお話をしていた翌日のことです。 普段は足を運ぶ機会の少ない書店で、その話題にあがった方の姿をお見かけしたのです。 なんという偶然!・・・

講演を通じて感じる喜び

ここのところ、講演をする機会を重ねて頂戴し、小笠原流礼法をお伝えする喜びを改めて実感しています。 過日は初めて男子校生徒の方々へお話をいたしました。 正直なところ、最近の中学2年生に対して、どのような角度から礼法をご紹介・・・

バレエ鑑賞を通じて

過日、お世話になっている方からお招きにあずかり、かなり久しぶりにバレエを拝見いたしました。 演目は、チャイコフスキー三大バレエの一つ「くるみ割り人形」。 聞きなれた曲にも新しさが感じられ、さらには舞台装置や衣装が繊細、か・・・

素直で柔軟なこころ

小笠原流礼法宗家本部直営教室の聖徳会(聖徳学園の高校を卒業した方を対象とする教室)に属する方々との昼食会を行いました。 今回は大学1年生から社会人まで、約20名が参加してくださいました。 より多くの方々に礼法を知っていた・・・

事八日

1206

今週末の土曜日8日は、「事八日」と呼ばれている行事の日です。 八日節供、八日待(まち)、八日ぞう、事始め、事納めなどともいわれます。 東日本では2月8日と12月8日、西日本では12月8日のみに行われることが多く、その場合・・・

このページの先頭へ