お正月の行事

IMG_9101関東では松の内は7日、鏡開きは11日ですので、お正月の印象が薄らいだのではないかと思います。
一方、関西では松の内は15日、鏡開きは20日(15日)とするところが多いのではないでしょうか。
なぜ地域によって時期が異なるのかというと、古くは1月20日に行われていたものが、江戸時代に3代将軍家光の忌日が20日であることから11日に改められたのです。

こうしたことより、松飾りなどの正月飾りを焼く「どんど(どんと、とんど)」も、7日前後と15日前後に行われます。
また門松を外した後、門松を立てていた杭の穴に、門松の先を切って刺すことを門松の元服などと呼ぶことがあります。
先週末のお稽古のさい、仙台の門下の方からは1月14日は仙台市内の各地で「どんと祭」が盛大に行われるというお話も伺いました。

お正月に各家でお迎えする歳神様は歳徳神 (としとくじん)、正月様、若年様とも表現されますが、いずれにしても、歳神様はその年の豊作や幸福を司ると考えられています。
また歳神様を祖霊であるともされています。
どんど焼きの火によって歳神様をお送りしますが、どんど焼きの火は穢れを清める神聖な火とも信じられているのです。

IMG_9120全国的に来週中にはお正月行事が落ち着くのではないかと存じますが、日常の生活を丁寧に過ごしてまいりたいと思います。

ところで、写真は直門のお稽古のさいに門下の方がお庭から摘んできてくださったものです。
一日でも長くお花が咲き続けますように。

このページの先頭へ