敬老の意味を考える

今年の敬老の日は、9月19日です。
国民の祝日に関する法律では敬老の日を「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」としています。

聖徳太子が四天王寺に悲田(ひでんいん)を設立したと伝えられる日にちなみ、1951年からとしよりの日と呼ばれていたという説があります。
悲田院とは慈悲のこころで貧困や病などで困っている人、孤児を救うために設けられた施設です。

敬老の祝い包みその後、1964年から老人の日と呼ばれて敬老行事が行われ、2001年の改正によって9月15日であった敬老の日は、2003年から9月の第3月曜日に変更されました。

「敬」には、真心を込めて努める、という意味があります。

是非19日の敬老の日は、年齢を重ねた方々に対していつにも増して思いやりを忘れずにお過ごし下さい。

このページの先頭へ