ウクライナの国旗

8月23日は、ウクライナの国旗の日です。
ご存じのように、ウクライナの国旗には、青色と黄色が用いられています。
この二色については、青空の下でどこまでも広がる小麦畑(農業)を表しているといわれ、さらに興味深い説も存在しています。
はじめての生命は水中に単細胞の生物として生まれたといわれますが、青は水、その水を川とすると、黄(金)色は河岸にある金色の丸屋根のある教会を表すともいわれているのです。
また、青色は水に対して黄色は火、青色は空に対して黄色はひまわり、という説もあります。

8月の原爆の日、終戦の日にさいして戦争について改めて考える機会があり、過日は中東の紛争に関する映画を観て様々なことをこころに刻みました。
ウクライナの方々が明日をどのような思いで迎えられるかと思うと、拝察するに余りあります。
軽々に記すことではございませんが、ウクライナの方々、さらには世界中で起こっている紛争、飢餓、干ばつなど、深刻な人道危機に直面している状況を忘れることなく、世界中に平穏が訪れますことを祈るばかりです。
24138981_s
さて、明日は処暑です。
まだ暑さが厳しいですが、お身体を大切にお過ごしください。

このページの先頭へ