お盆の時期

22120395_s東京では先週お盆を終えましたが、友人から「8月半ばに家族と京都へ行くのですが、一度も五山の送り火を観たことがなく、どちらかで少しでも観ることができれば嬉しいのですが…」とのご相談を受けました。
すぐに京都のお世話になっている方にご連絡を差しあげたところ、知る人ぞ知る、貴重で細やかな情報を教えていただくことができました。

さて、お盆といえば先週のお稽古のさい、お盆の時期について門下の方から教えていただくことがありました。
関東は7月13日から16日が基本と思っていたのですが、その方のお住まいの地域(埼玉県のある地域)では、7月25日から27日までがお盆期間と伺いました。
おばあさまに時期の違いを尋ねた折には「周辺は農業をしているお宅が多く、繁忙期でもあるため、お盆の時期を少しずらしている」との説明をお聞きになったそうです。
ご自宅からお墓までは数分の距離にあるので、迎え火は焚かず、きゅうりや茄子で乗り物を作って供えることもせず、提灯を持ってお墓にご先祖様をお迎えに行く。最終日も提灯でご自宅からお墓までお送りするとのことでした。
「こどもの頃、お盆は家族や親戚が集まってご馳走をいただく、一年で最も楽しく特別な期間でもありました」と嬉しそうな表情で語ってくださったので、その思いがこちらにも届いてまいりました。

このように、今日が盆入りという方々におかれましては、ご先祖様をお迎えになりながら素敵なひとときをお過ごしになりますようお祈りいたします。

このページの先頭へ