家紋とチャーム

あるとき、1枚の写真を見ながら「この家紋は何というの?」と友人から尋ねられること
がありました。
着物をお召しになる方や慶弔に関することで家紋入りの風呂敷、帛紗、盆などを用いる方
はご自身の家紋をご存じかと思います。
しかし、代々受け継がれてきた家紋を知る機会が減っており、ご自身の家紋がわからない
という方もいらっしゃることでしょう。

家紋といえば、直門のお稽古が始まるさいに、私のテーブル上に小さな袋が置かれている
ことに気づきました。
中には、写真のチャームが入っていたのです。FA61C121-E40B-44CD-977A-3CCCAE77F62F
チャームに描かれているのは、小笠原家の家紋である三階菱。
紫の色を美しく出すために二度、色を重ねて焼いたそうです。
制作に時間をかけてくださったことはもちろん、お気持ちが何より嬉しく、おこころが込められた素敵なチャームは私の宝物となりました。

さて、昨日から12月に入りました。
寒さが増していますが、暖かくしてお過ごしくださいませ。

676CFC92-7A61-4A6D-81B2-C982ABCC19E4

このページの先頭へ