京都での所作指導

ある撮影に関する所作指導があり、前泊のため夜に京都へ移動いたしました。
現場はかなり寒いと事前に伺っていたので、地厚のタートルネックの下には超極暖ヒート
テックとホカロンを身につけ防寒対策をしつかりして外出いたしました。
限られた滞在時間内に、撮影を進めながらのご指導でしたので、わずかなポイントしかお
伝えすることができませんでしたが出演なさる方々の勘の良さに驚きました。

また私よりも年上で著名な方が、どなたよりも先に私を見つけてご挨拶に来てくださり、
歩き方やお辞儀などに関してお伝えしたことを控室で丁寧にメモしていらしたとスタッフ
の方に伺い、感銘を受けました。

途中から撮影をスタジオ脇のモニターで確認していましたが、一つのシーンを撮るたびに
多くのスタッフの方が機敏に動いて対応なさっていたのです。
どなたの表情からも、こだわりや誇りが感じられました。
中でも、若い女性スタッフが色の異なる3つのガムテープ、メジャー、手袋などを全て腰
に下げて、大きな電源装置を手際よく組み立てるお姿は、「お見事!」と声に出したいほ
ど素敵でした。

IMG_5687何についての所作指導であるかは、来年の秋頃に詳細をお伝えできるかと存じます。
このたびの貴重な機会をくださった方、細やかな配慮で対応くださった方、お世話になっ
た全ての方に感謝いたします。

このページの先頭へ