長月

9月に入りました。
9月は長月(ながつき、ながづき)と呼ばれます。

夜長月、すなわち夜が次第に長くなる月。
あるいは、9月は5月と同様に長雨の時期。
稲刈月という異称もあり、そちらから「ねかづき」さらには「ながつき」に。
稲が長くなる頃で穂長月と呼ばれていたことから転じた。チューベローズ
このように、長月の由来については諸説あります。

さて、海外出張や旅行の折に午後8時を過ぎても空が明るいと何だかこころ弾むことがありますが、お月見などで夜空を楽しみたいときには夜長が望ましく思えるものです。
現在の暦では、夜長を実感するのはもう少し後となりますが、日頃は就寝間際まで何かと雑用に追われがち、という方も、ときにはゆったりお過ごしになってみてはいかがですか。

このページの先頭へ