菊の着せ綿

9月9日は、重陽の節供です。
奇数の極である9が重なる、ということからいい、重九とも呼ばれます。9.9写真②小さく

また重陽の節供は、菊の節供との別名もあり、この節供に菊の花を欠かすことができません。

9月8日、菊に真綿をかぶせて露や香りをうつし、翌朝にこの綿で顔や身体をなでると長寿を得る、あるいは厄を祓うともいわれています。

今日はすでに9日なので着せ綿には間に合わないという方、菊の花を湯船に浮かべた菊湯をご存じですか。
菊の香りは疲れを取り、血行促進の効果があると聞いたことがあります。
夏の疲れを菊湯で癒し、心身ともにすっきりなさってみてはいかがかと存じます。

9.9写真①

 

 

 

 

このページの先頭へ