マロンシャンテリーとマロンシャンティイ

あるホテルが6月末で営業を終了なさると伺い、何度かホテル1階のカフェにマロンシャンテリーをいただきに足を運びました。
そのホテルと同系列の別のホテルにもマロンシャンテリーがあ7.5メインるのですが、メニューにはマロンシャンティイと記されています。オーダーして運ばれてきたものは、前述のマロンシャンテリーと見た目は同じです。
さらに、宴会場やレストランを営まれている、ある会館1階のカフェでもマロンシャンテリーをいただくことができます。
ちなみに、3店すべて東京都千代田区にあります。

その後、調べてみると、3店目の会館の初代製菓長が
モンブラン7.52まいめ(白い山のデザート)から、日本人に向けて1850年ごろにマロンシャンテリーが発案されたことがわかりました。
白い雪を見立てた生クリームのなかには、栗をたくさん使用した山が隠れている、素敵なお菓子です。のちに、こちらの会館にいらした方が2店目のホテルの総料理長に就任なさったことで、マロンシャンティイが提供されるに至ったそうなのです。
写真の通り、見た目が似て然るべきです。

ホイップクリームは、英語でシャンテリークリーム、フランス語ではクレーム・シャンティイ。パリから北40キロくらいに位置するシャンティイ城がクレーム・シャンティイの発祥の地という説があります。このお城の宮廷料理人が生クリームにお砂糖を混ぜてホイップしたということなのです。
それぞれの菓子名には、名付けられた何某かの理由があるはずで、そう考えるとお菓子をいただく楽しさが増します。

皆様は、お好きなお菓子の名前の由来をご存じですか。

このページの先頭へ