かもがわの桜

今年、東京の桜の開花は観測史上で最も早く、今週には満開になるという予報がされていた通りに靖国神社の桜は咲き誇っています。
IMG_3727
先週、京都に住む友人が「今日の賀茂川の桜」というメッセージとともに写真を送ってくださいました。
そのときのことです。
加茂川、賀茂川、鴨川、それぞれの漢字の違いについて興味が湧きました。

まず鴨川は、Yの字で表されることがあります。
左手北西から流れる上流の川が賀茂川、右手北東から流れる上流の川が高野川、その二つの川が賀茂大橋辺りで合流して一つになると鴨川。
上賀茂神社、下鴨神社、それぞれにちなみ、高野川合流点から上流を賀茂川、下流を鴨川と書くようになったといわれることが多いようです。
現在は上流下流に限らず総称として鴨川と書きます。
どちらの神社も賀茂氏の氏神で、もとは賀茂社と呼ばれるひとつの神社でした。
また上賀茂神社は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)、下鴨神社は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)が正式の名称。
さらに、友人のように「加茂川」と記すこともあり、幼い頃から慣れ親しんできた漢字を使うとも聞きます。

さて、毎年5月15日に行われる葵祭、正式には賀茂祭と呼びます。
残念ながら今年も新型コロナウィルスの影響により、約8キロの距離を、平安装束をまとった方々が練り歩く路頭の儀は中止されるとのこと。
京都が大好き、と思いながらも、かもがわの漢字に関する意味を理解していなかったことに反省しつつ、来年は久しぶりに京都にて葵祭を拝見できますように。

このページの先頭へ