サンマ

秋の魚を代表するサンマ。
サンマの漁獲量は減少していて、年々高価な魚になっています。
また夏のサンマは高価で、秋になると漁獲量が増えるので手に取りやすい価格になるともいわれます。

サンマは漢字で書くと、「秋刀魚」「三馬」。
「秋刀魚」と記すのは、体が刀状で秋の魚であることに由来します。
「狭真魚(さまな)」の音が語源ともいわれています。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、食膳に供する魚を「真魚」といい、幅の狭い魚という意味でつけられたのでしょう。
江戸時代までは、サンマとサヨリと区別されにくかったとも聞いたことがあります。
夏目漱石の「吾輩は猫である」には、三馬とあります。
三馬には、三頭分の馬力が出る、という意味が込められているようです。

20200914(1)さて、お食事の最後にサンマご飯をいただくことがありました。
友人がお代わりをするさい、お店の方に「恐縮ですが、お海苔を少々頂戴できますか」と依頼し、そのおかげで私も二通りの美味しいサンマご飯を楽しむことができたのです。
20200914(2)

味覚の秋、素敵な食材があふれますが、食欲があるのは健康の証拠。
視覚、味覚、臭覚などあらゆる角度から秋を楽しみましょう。

このページの先頭へ