夢を叶える

久しぶりに、かなり前に通っていた美容院に伺いました。
ゆえにお店のスタッフの方は全員初対面だったのですが、大変親切に接していただきました。

特に入店5年目というスタッフの方と、様々なお話をいたしました。
中学生になるとすぐに、美容師を志したいと思ったそうです。
ご両親から、その道に進むことに最初は理解を得られなったところ、自分の夢を叶えたい一心で美容学校に進学してから今のお店に入店し、営業外の朝と夜は練習を重ねていたそうです。

その後、ご両親は、「自分の髪を練習台にしていい」といってくださったそうですが、「両親の髪の毛は、アシスタントになるまでは絶対に切らない」とこころに決めていたとのこと。
そして、今では常にお二人の髪を切って差し上げていることを嬉しそうに話してくださいました。

「ご自身で今のお仕事を選び、努力を重ね、輝いているお姿をご覧になり、さぞご両親はお喜びでしょう。何よりの親孝行ですね」とお伝えすると、「ありがとうございます」ということばとともに返してくださった笑顔が印象的でした。

何かに興味を持ち、それを仕事にできるだけでも素晴らしいことですが、お互いを支え合える仲間ができることは何と素敵なことでしょう。
このたびのお話を伺い、初心にかえることができた機会に感謝いたします。

このページの先頭へ