エディブルフラワーとブローチ

20200514(1)友人から冷蔵の贈答品が届きました。
中を開けてみると…
まるで宝石箱を開けたときのような、色とりどりに輝くエディブルフラワー(食用花)が箱一杯に入っていました。

早速、友人に御礼の連絡をすると
「いつもお忙しいので、今はゆっくりお過ごしになっているのではないかと思って…一層楽しい食卓になりますように」
と、優しいおことばまで頂戴いたしました。

日本では古くから菊や菜の花が食卓に並びます。
海外、特にヨーロッパではハーブとして用いられるものを含めて、花を食す文化の歴史は長いようです。

20200514(2)ところで、箱を開けた瞬間に「どこかで見たことのある色合い」と思ったのですが、それは息子が通っていた幼稚園で、母の日に向けて作ってくれたブローチの配色と似ているのです。
20年近く経過した今でも色あせることなく、私の宝石箱に入っています。

素敵な友人からの贈答品を、視覚で、味覚で、さらには第六感のこころで美味しくいただきました。
友情に感謝!

このページの先頭へ