階段

20200312昔から美しい階段を見るとこころが弾みます。
写真の階段は、最もこころ惹かれるホテルのロビーそばにある階段です。

階段といえば、膝を痛めてしまって病院へ行ったところ「階段を下りるときは体重の約3倍の負担が膝にかかります。しばらくの間は絶対に階段を使用しないでください」といわれてしまいました。
しかしながら、エレベーターがどこにでも設置されているわけではありません。
公の場で皆様にご心配をかけるようなことはできる限り避けたいとも思います。

そのようななか、先週のブログでもご紹介した聖徳大学附属小学校の卒業式へ出席するにあたり、ご臨席の方々の目に立たずに檀上まで歩いていくことのできる経路について、礼法を担当している師範の方が校内の写真に矢印を記して送ってくださったのです。
また礼法を担当している別の師範の方からは、式の流れについての細やかな説明をメールで頂戴いたしました。
当日もお二人がそばについてくださったからこそ、安らかな時間を過ごせたと思います。

週末は国内出張の折、積極的に足を気遣ってサポートくださった航空会社のスタッフの方のおかげで、安心して飛行機に搭乗することができました。

惜しみない配慮をくださった方々の素敵なおこころに深く感謝申しあげます。

このページの先頭へ