招き猫

今年の春の彼岸入りは3月17日、明日は中日でもある春分の日です。

20200319先日、お墓参りに行ったときのことですが、野良猫がじっとこちらを見ていたので、思わず写真に収めてしまいました。
そこで本日は猫にまつわることとして、招き猫について触れてみたいと思います。

江戸時代から始まったとされる招き猫、右手をあげているのは開運招福、左手をあげているのは千客万来のご利益があらたかであるともいわれ、現代においても特に飲食店に置かれていることが珍しくありません。
関東においては、張り子の招き猫がだるま市で売られています。

また、猫は農作物や蚕の害敵であるねずみを追い払うことから、招き猫を購入する農家が多いと聞いたことがあります。

先祖のお墓まいりから、かなり話が脱線してしまいましたが、お彼岸は先祖供養だけでなく、自分自身も煩悩のない極楽浄土を目指してこころを磨く素敵な期間とも考えられます。

明日から連休の方もいらっしゃるかと存じますが、うららかな週末をお過ごしください。

このページの先頭へ