初天神

20200123  ブログ写真初天神とは、新年最初の25日に天満宮へ参詣をすること、またはその縁日を指します。
太宰府・京都北野・大阪天満・東京亀戸の各天満宮への参詣が多いようです。
この日に対して、12月25日は終い天神といって、一年のご加護に対する感謝をする日とされています。

古典落語の演目にある「初天神」。
主な登場人物である親子が初天神に行き、屋台で凧を購入したことによる話です。
親子の絆も感じられる、素敵な演目です。

天満天神の信仰の対象といえば菅原道真、学問の神様として親しまれています。
今は受験生にとって大切な時期かと思いますが、勉強とともに健康管理にも万全を期して臨んでいただければと存じます。
さらには、学問の神様が受験生の願いを叶えてくださいますように。

このページの先頭へ