犬馬難鬼魅易

洋画家の松田正平氏の書を拝見する機会がありました。

犬馬難鬼魅易(ケンバムツカシキミヤスシ)。

生前、松田氏は韓非子(中国戦国時代の法家、韓非の著書)にあるこのことばを大切になさったそうです。
鬼や妖怪など、この世にいないものを描くことは容易く、犬や馬などの平凡なものを描くのは難しいという意味です。

日常にある当たり前のものを描いて人に感動を与える難しさと同様に、日常生活のなかで当たり前と思うことや身近な人にこころを動かすのは難しいといえましょう。
しかし、そうした当たり前のことに感謝ができると、ひとつひとつの小さな幸せが結び付き合って、素敵な人生へと導いてくれるように思うのです。
20191226 ブログ写真
さて、本年も皆様のお力添えにより、ブログを更新することができましたことをこころより感謝いたします。
寒さが深まり、体調を崩している方がいらっしゃるかと存じます。
皆様におかれましては、お健やかに、穏やかな年末年始をお過ごしください。

このページの先頭へ