サンドイッチかカレーライス

先日、お世話になっている方とお目にかかったさいのことです。

「先代と霞会館(旧華族の親睦団体)でお会いするときは、サンドイッチかカレーライスをいただきました。しかも、先代がカレーライスを注文するとおっしゃるので私たちも同じものを注文すると、突然にサンドイッチに変更なさる。あるいは先代が最初はサンドイッチを選ばれるときにはカレーライスに変更なさるというように、全員が同じものをいただくことは一度もなかったのです」と伺いました。

そのお話を受けて瞬時に「食事の作法も指導する小笠原流の宗家と食事をすることは、人によってこころの負担に繋がる可能性がある。だから、なるべくお箸を用いることのないレストランを選ぶ配慮も大切なのだ」と先代が話してくれたことを思い出しました。
20191205 ブログ写真1
まずはサンドイッチ、カレーライス、いずれも細かな作法が必要のないものを選択し、さらに相手と異なるものを選ぶことで、より作法を気にせずに召し上がっていただきたいというこころ遣いがあったのではないでしょうか。

20191205 ブログ写真2サンドイッチといえば、最近、サンドイッチのおみやげを頂戴する機会が何度かありましたが冷めても美味しく手軽にいただけますし、周囲の人とも分け合うことができるところも魅力的で素敵なおみやげです。
年末に向けて、持ち寄りのパーティーなどがあるさいには、サンドイッチを持参したいと思います。

このページの先頭へ