お稽古と社中展

土曜日は直門のお稽古後、お世話になっている書道家の先生が主宰する社中の方々の展覧会へ伺いました。
先生はいかなることがあっても常に明るく、前向きに過ごしていらっしゃる素晴らしい方です。
会場でお目にかかった生徒の皆様も優しく朗らかで、終始笑ってばかりでした。

日曜日は小笠原伯爵邸にて行っている聖徳会の教室へご挨拶に行き、午後は直門のお稽古にて門下の方々と有意義なひとときを過ごすことができました。
この日の聖徳会の教室は、大学生と社会人の方々が通っていらっしゃいます。
おひとりずつ、教室で学んだことのなかから年末年始に実践したいと思うことを発表いただきました。
IMG_7010
鶴のお年玉包みを作成して周囲の方に差し上げたい。
お屠蘇をつくって飲みたい。
職場、自宅ともにお掃除をして清浄感を保ちたい。
三方を購入したのでお正月飾りを作って飾りたい。
職場でこどもたちに日本の年中行事を伝えたい。

このたびの教室訪問で、若い世代の方々が学んだことを日常生活に積極的に取り入れようとするこころを感じ、それが何よりも素敵であると思いました。
皆様とともに笑うことの多かった土日でしたが、そのおかげで元気に師走の一ヶ月間を過ごすことができそうです。

このページの先頭へ