ゆず

門下の方より小包が届きました。20191118 ブログ写真
箱を開けた瞬間に柑橘系の香りが漂い、美しい文字で記された書状の下には、たくさんの無農薬のゆずが丁寧に並べられていました。
自宅のお庭で今年は200個以上のゆずが採れたそうです。

ゆずといえば、冬至のゆず湯を思い浮かべる方もいらっしゃるかと存じます。
「ゆずは遅くて十三年」などといわれるように、ゆずは結実までに十数年かかりますが、その年月が邪気を祓うまでの香りのみなもとになっているのかもしれません。
そのように大切に育てたゆずを、こころを込めて送ってくださるお気持ちが嬉しく、素敵な贈り物に感謝するばかりです。

また、ゆずは同じミカン科のだいだいとともに常緑樹であり、「代々続く」という意味で縁起がよいともされています。
門下の方はジャムを作るそうですが、ゆず湯で心身を浄化させ、ゆずをお料理やジャムに用いて食べることでエネルギーを体内に蓄え、年末に向けて風邪を引かないようにこころがけたいと思います。

このページの先頭へ