許状授与式と講習会

先週金曜日は先月に続き、実働師範の方々に向けて講習会を行いました。20191028 ブログ写真1
豪雨にもかかわらず、皆様が参加くださいましたことを深く感謝いたします。

また翌土曜日は、都内にて許状授与式と講習会を行いました。
多くの方が両手を振るわせながら許状を受け取るお姿から、素直なこころで緊張感を持って出席くださることが感じられて光栄に思うばかりです。
続く講習会では「室町から令和へと受け継ぐ礼法のこころ」をテーマに1時間ほどお話をいたしました。

20191028 ブログ写真3お稽古ごとだけでなく仕事に関しても共通するところがあると思うのですが、立場が上がると自分では気づかないうちに、自分の知識や経験に基づく思考にとらわれ、それに相手を当てはめようとすることがあるかもしれません。

いつの間にか初心を忘れ、地上に足を下ろすことなく、まるでふわふわと空を漂う雲の上にばかりいることを重んじてしまってはいないだろうか。
先輩の方々は入門したばかりの方に対する敬意こそ忘れてはならず、天と地を結ぶ1本の線、すなわち室町時代から受け継がれてきた慎みや察するこころを真摯に育み続けることで互いの線を結び合い、強固な柱を築いていただきたい。
一方、後輩の方々は、先輩に素直な気持ちで接し、研鑽を積んでいただきたいことをお伝えいたしました。
講習会終了前には全員で立礼の復習をいたしましたが、最後に行ったお辞儀は大変美しく素敵でした。

その後、何年ぶりかで再会した東北在住の2名の姿を見つけ、思わず早足で側に向かいました。20191028 ブログ写真2
すると「ようやく仕事が落ち着いてきたので、またお稽古を再会できたらと思っています。そのきっかけをつくりたくて今日は参加いたしました」という嬉しいお話を伺うこともできました。
許状授与式、講習会ともに礼法をお伝えする立場でありながら、いつも皆様から私が幸せなひとときを頂戴いたします。
参加くださった方々に心底より御礼申しあげます。

このページの先頭へ