ほとけさま

時間にゆとりができたので、南青山にある根津美術館にまいりました。
7月25日から8月25日までの1ヵ月間、「優しいほとけ、怖いほとけ」という企画展が開催されています。http://www.nezu-muse.or.jp/

IMG_6146仏教の尊像は如来、菩薩、明王、天の四つに分けられますが、仏教の真理を体現する厳かな如来、慈悲のこころで人々を救済するやさしい菩薩、武将の姿で外敵を撃退する四天王のような天を含めた厳しい憤怒相まで、優しいほとけさまと怖いというよりも厳しいほとけさまを拝見することができました。
もっとも印象に残ったのは、優しいほとけさまのなかでも平安時代に作成された木造彩色の観音菩薩像です。
平安時代後期の王朝人は、穏やかな面立ちの優美な仏像を好んだといわれることを納得できるほど、いつまでもお顔を眺めていたいと思うほど素敵でした。

IMG_6142優しいほとけさまだけでなく、迷いや邪念を不動明王の猛火に投じ、毘沙門天に福徳を願うことは、どの時代においても自然な姿なのかもしれません。

美術館で過ごしたひとときは、外気の暑さを忘れるほどでした。
このような時間を大切にしたいと思います。

このページの先頭へ