今夏の土用の期間は、7月20日から8月7日です。
以前のブログにもご紹介いたしましたが夏の土用の期間中、丑の日には「う」のつくものを食べると夏負けしないといわれています。
うなぎが代表的ですが、うどん、梅干、うりなどでもよいのです。

07292約18日間の土用に入って、すぐに丑の日がある年には、一の丑、二の丑と、丑の日が2回巡ってきます。
今年の丑の日は先週7月27日のみですが、来年は7月21日と8月2日です。

ところで、丑は時間にすると、午前2時、午前2時を挟んだ前後1時間。あるいは午前2時からの2時間です。
丑三つ時は午前2時から2時30分頃ですが、この時間は鬼門から邪気が入るなどともいわれてきました。

07291「草木も眠る丑三つ時」というように、午前2時頃は人も眠りが深く、ゆえに現実と夢の世界が行き交いやすく、不吉なことと結びつけて考えられる場合があるのでしょう。

しかし、牛は縁起のよいものとして扱われています。
小笠原流礼法では紐結びも「こころ」を「かたち」に表す大切なものであり、紐には「丑」の字が柔らかいという意味を含んで用いられています。
また菅原道真と牛の結びつきは深く、牛は神様の使いとされています。
撫牛といって、神社にある牛の像を撫でると病が治る、あるいは横に伏した牛のかたちをした素焼きや木製の置物を撫でて吉事を祈る、ともされてきました。

年中行事を通じて干支に興味を深める機会を持つことも、素敵なこころがけではないかと思います。

このページの先頭へ