明るく清々しい連休

201907127-min先週末より講演の機会が続きました。まず12日は、品川女子学院中等部1年生を対象に1時間30分ほど実技を交えてお伝えいたしました。
理事長の漆先生は尊敬する友人のおひとりですが、常に向上心をお持ちの素晴らしいお人柄の方です。
講演前に漆先生から、生徒の皆様は文化祭に向けてあらゆる企業や団体に足を運び、社会で活躍される方々の協力によって起業について学ばれたことを発表なさると伺いました。
それにより将来の展望を持ち、その夢に向かって進路を自分で決める方が多いそうですが、なんと素晴らしいことでしょう。
実際、中学1年生とは思えないほど、皆様の表情が活き活きとした印象で、積極的に参加くださいました。

IMG_603913日は、聖徳学園附属女子中学校・高等学校後援会礼法部へのご指導で、松戸市にある学校へ伺いました。
礼法室では和室での基本的な動作とお茶の出し方などについてご指導した後、会議室に場所を移して鶴の祝い包みを作成いたしました。
2時間ほどのご指導でしたが、皆様が真剣に取り組んでくださったので、格段に所作が美しくなったのではないかと思います。
IMG_6028また毎年、部員のおひとりが礼法室と会議室に活けてくださっている花々のおかげで室内の雰囲気が和らぎます。

同日の夜は友人のお誕生日を祝う会が友人宅で行われ、日頃からお世話になっている方々がお集まりになりました。
IMG_6055恐らく30名ほどの方がいらしたのではないかと思いますが、お料理は何と日本伝統芸能に関わる方がおひとりでイタリアンを作ってくださり感動いたしました。

14日は、都内において東京都観光ボランティアの方々に対する研修があり、前半は私、後半は師範から主にもてなしに関する心得をお伝えいたしました。
昨年も同様のご依頼を頂戴したのですが、今年も何名か同じ方が出席くださったそうで、当日は朝から雨だったのにもかかわらず多くの方が参加されました。
ボランティア活動をなさるさいには、相手の気持ちを察し、行き過ぎることなく、日本文化の根底にある「こころ」を伝えていただきたいという思いでお話を進めましたが、人生の先輩である皆様が真摯な態度で聞いてくださったことが何よりも光栄でございました。

梅雨を忘れてしまうほど、明るく清々しい連休でした。
お世話になった方々、話を聞いてくださった方々、素敵な時間をありがとう存じます。

このページの先頭へ