勇気ある注意

あるテレビ番組で、次のような視聴者からの投稿が紹介されていました。

shingou_machi横断歩道を歩いていて途中から赤信号に変わってしまい、学生から「赤信号で渡るのは危ないから気をつけてください」と注意を受けたそうです。
ご自身は年齢を重ねているのだから本来はお手本を示さなければならないところ、若い方から注意を受けてしまった。
そのことを反省し、さらには年上の人に対して注意を促してくれた勇気ある行動に感謝した、ということです。

たしかに、ご年配の方に注意をするのは気が引けてしまって、思っていてもことばに表しにくいものです。
しかしながら、相手を危険から守るということからも、このようにお伝えするのは大切であるといえましょう。

また、このたびの投稿を伺い、注意した方はもちろんのこと、注意された方のおこころも素晴らしいと感じました。
なぜなら、伝えられたことばには相手からの優しさが感じられたのかと拝察いたしますが、とはいうものの、若い世代の人からの助言を真摯に受け止められるだけの素直なおこころを投稿者はお持ちだからです。

伝える側と伝えられる側、どちらにも相手のことを考えるゆとりが存在すると、このたびの投稿のように素敵なエピソードが生まれるのではないでしょうか。
加齢とともに視野が狭くなるのは当然ですが、いつまでもこころの視野は狭まらないように努めてまいりたいと思います。

0610ところで昨晩、映画「シンデレラ」で王子様がシンデレラを見つけに行くラストシーンを見ました。
優しさと勇気があればどのような困難も乗り越えられる、とはシンデレラの母親が残したシンデレラへのメッセージ。
自分よがりでない、周囲への優しさと勇気を持つことは、社会生活の中で欠かせません。
東京も入梅いたしましたが、今週も穏やかな日々をお過ごしください。

このページの先頭へ