新茶

茶摘みは年に4回ありますが、特に立春から数えて八十八日目(今年は5月2日)、八十八夜に摘まれたお茶を新茶、一番茶などと呼びます。
その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくった新茶を飲むと昔から「無病息災長寿めでたし」といわれ、新茶は縁起物としても扱われてきました。
八十八を組み合わせると「米」になることからも、この日は農耕にかかわる方々にとって重要であったことが推察できます。

鹿児島県は3月下旬から4月上旬頃、静岡では4月中旬頃から5月中旬頃、京都府では4月下旬頃など、産地によって収穫の時期が異なります。

IMG_5451茶道においては、5月に収穫された新茶を詰めた茶壷を涼しい場所で保管し、11月になると茶壺の封を切り、臼を碾いて粉末にして茶を点てる行事を「口切の茶事」と呼びます。
したがって茶道において抹茶の新茶をいただく時期はまだ先ですが、最近は5月に新茶として抹茶を販売されるところも増えていると聞きます。

たとえば近頃は雑誌等でホテルやカフェで抹茶を使ったお菓子のアフタヌーンティーをいただけるという記事を頻繁に拝見します。
抹茶を用いたお菓子が大好きなのですが、先日あるお店でいただいた抹茶のアイスクリームは濃厚で香りが高く、あまりの美味しさにことばよりも先に笑みがこぼれました。

IMG_5461また本日は、あるホテルにおいて期間限定で販売されている抹茶スコーンをいただき、朝から上機嫌です(笑)
このようなわけで、私にとって新茶は素敵なもののひとつです。

皆様も無病息災を願い、新茶を積極的に召し上がってみてはいかがでしょう。

このページの先頭へ