小笠原家ゆかりの地

ブログでも何度もご紹介しております小笠原氏発祥の地、南アルプス市において、小笠原長清公顕彰会礼法講座の一環としての食事作法講座を先週木曜日に行いました。

IMG_5108

全てのテーブルから「お箸を取った後、お箸袋はどうしたらよいのか」、「和食の作法では、食事中にお箸を持っていない側の手はどうすることが好ましいのか」など、様々な質問をいただきました。
平成最後の講座ということもあり、顕彰会会長やお世話になっている方へ花束の贈呈をし、参加くださった方々と集合写真撮影。
名残惜しかったのですが、電車の時間に合わせて会場をあとにいたしました。

0401昨日は、明石市での講演の機会を頂戴いたしました。
小笠原惣領家20代目の忠真が明石城の築城や町割りなどにあたっており、ゆかりの地でありながらも、このたび初めて訪れました。
明石城が築城400年という節目の年に講演が出来ることも光栄でしたが、何よりも貴重な日曜日の午後のお時間に会場へ足を運んでくださった方々のお気持ちが嬉しく存じます。

0402参加された方々は、小さなお子様からお年を重ねた方まで、幅広い年齢層。
そのこともあり、小笠原流礼法は、下から上に対する礼だけでなく、上から下に対する礼があってこそ成り立つということもお伝えいたしました。
多くの方が笑顔で聞いてくださったので90分が短く思えるほどで、また明石にて礼法をお伝えすることができましたら幸甚に存じます。

IMG_5130ところで、新神戸から西明石への移動のため、新幹線のホームに立っていたところ、ピンク色の新幹線が到着。

なんと1日上下線1本ずつのみのハローキティ車両でした。
特にハローキティのファンでなくても、可愛らしい車両を拝見できてこころ弾みました。

小笠原家ゆかりの地を訪れることは、私にとって素敵な時間です。
これからもまだ訪れていないゆかりの場所へ、積極的に足を運びたいと思います。

このページの先頭へ