楊枝の扱いと鼻をかむこと

都内のある日本料理店で出された楊枝立てが可愛らしく、写真に収めてしまいました。
IMG_4610
楊枝に関する作法は、削り方、出し方、寸法などについて伝書に記されています。
男性の楊枝は六寸八分。
現在の楊枝と比べると、かなり大きなことがわかります。

さて、楊枝をお使いになるときの心得ですが、同席なさっている方へのこころ遣いとして、本来は楊枝を持って化粧室で用いることが好ましい。
それが難しい場合やカジュアルな席であっても、口元を手で覆い、横を向くなどして、できるだけ他者の視界に楊枝を使っている姿が入らないようにと注意する気持ちが大切です。
また、いつまでも楊枝を口の中に入れていることは控えます。

この楊枝と同様に、鼻をかむときにも、周囲に不快感を与えないこころ遣いが欠かせません。
今年は花粉に悩まされる方が増えるのではないかと思いますが、特に食事の席での鼻のかみ方、さらには使用したティッシュペーパーの扱い方に気をつけることが大切ではないでしょうか。
続け様に鼻をかむようなときには、席を立って化粧室へ向かう配慮も必要です。
おしぼりで鼻を拭ったり、使用したティッシュペーパーを無造作に扱う男性の方が少なく、そのような光栄を拝見することが残念で仕方ありません。

IMG_4608親しい間柄であっても配慮を忘れずに、素敵な姿をこころがけていただきたいと思います。

このページの先頭へ