中学生からのインタビュー

昨日、函館にある中学校の2年生4名を事務所にお迎えいたしました。
生徒の方々が課題を設定し、情報収集、整理、分析などを行って論文を執筆する卒業研究の一環として、東京での修学旅行中にインタビューにいらしたのですが、大変光栄なことです。

卒業研究のテーマは
「女性らしい和のしぐさやこころ遣いはどのように変わってきているのか」。
事前にお一人がメールにて丁寧な質問内容を送ってくださり、皆様とお会いすることを待ち遠しく思っておりました。

IMG_4598お約束のお時間前に、「道に迷ってしまったので少し遅れます」と電話で連絡をくださったこと、中学生でありながら素晴らしい心得です。
最初はかなり緊張されていたようですが、「女性らしいとはどのようなことなのか」「昔と今のしぐさやこころ遣いに関する共通点や相違点について」など、様々な疑問について尋ねてくださいました。
現代にも用いることができる美しい所作についても質問があったので、次のようにお伝えいたしました。

すべての行動にゆとり(間)を持つこと。
女性はやわらかさと優しさを忘れないこと。
ことば、動作、いずれも省略するのではなく、丁寧さをこころがけること。
何よりも女性には、素直さが大切。

インタビュー後は、ザッハトルテと紅茶を皆様でいただきながら歓談が始まると、それぞれの素直で可愛らしい表情を拝見することができて幸せな時間でした。
観光だけでなく、各自の課題にそってインタビュー先を決めて訪問されることは、素敵なお試みであると思います。

今年の7月に論文を提出なさるそうですが、まとめられたものを拝見できることを楽しみにしております。

このページの先頭へ