特別授業とパーティー

28日は聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校にて、3月に卒業する中学校3年生と高等学校3年生に向けて、特別授業を行いました。
ブログ高校生には、礼法の授業で学んだことへの感想を伺った後、物の受け渡しなどの復習もいたしました。

相手に物を渡すときは物から同時に両手を離すのではなく、片手ずつ離す理由を尋ねると「利き手を残すほうが危険を防ぐことができる」と答えてくださいました。

中学生には礼法室にて和室の動作をご指導したのですが、まだ学んだことのない方向転換やお茶の出し方も一回の説明で理解し、美しい所作を拝見することができました。
和室また所作の説明をした直後、「そのようにすると丁寧で美しいことがわかりました」と素直なおことばを伺うことができ、大変嬉しく思いました。

その日の夜は、都内のホテルで行われた、お世話になっている出版社の5誌合同による、日本の伝統文化や芸術を守ることを目的としたガラパーティーへ友人をお誘いして出席いたしました。

久しぶりの友人との再会や会場内では門下の方々ともお目にかかれ、楽しい時間を過ごしましたが、そのほかに様々なことを学ぶ機会をいただきました。

当日のドレスコードは、着物またはロングドレス。IMG_4475
したがって、華やかな装いの方々が多くいらっしゃいました。
そのなかで一際印象的だったのは、ある女性の着物姿です。
決して派手ではない着物と帯をあえて選んでいらしたのではないかと拝察いたします。
その理由は、その方がこのたびのパーティに出席された方々をお客様としてお迎えになる可能性があるお仕事をなさっているからです。

シンプルは素敵、改めてそのように感じる瞬間をも頂戴し、深く感謝いたします。

このページの先頭へ