あげまき結び

四季と礼法

万葉包み

日本のように贈答品を丁寧に紙で包む文化は他国にはありません。
農耕民族であった日本人にとって、天候などによる災害、凶作は生命維持に直結した問題であり、天災を避け、神にいっそうの加護を祈り、供物を捧げたことが贈答の起源ともいわれています。
江戸時代まで紙は貴重であり、贈答品にも用いられ、白い紙で包むことは相手を尊ぶこころを表しました。白の紙は贈り手の身の穢れを清め、さらには外界の悪疫から贈り物を隔離する意味もあると考えられていたのです。

こころづけ

贈答品を包むさい、紙を折ることから「折紙(おりがみ)」と読んでいたのですが、品物によって包み方を変えて折るようになり、それゆえに「折形(おりがた)」と呼び方が変化しました。
室町時代において、小笠原流ではすでに何十種類もの折形が完成され、他の武家故実家たちによっても折形という分野が礼法の一部として伝えられました。「かたち」に「こころ」が折り込められ、作成されていくことからも、礼法には欠かすことのできない要素として定着したのです。

あげまき結び

その折形には、水引が結ばれることが基本です。 水引を結ぶことは、単にかたちを整えるだけでなく、端正なその姿が贈り主のこころを正し、先様を敬い、奉仕する気持ちが表されるとも考えられています。
結びの語源は「陰陽相対するものが和合して新たな活動を起こす」ことから発し、結びの「結す(むす)」は「産す」「生す」であり、「び」は「霊」ともいわれています。
このように結び目にはこころが表されるということです。
水引にかぎらず、紐結びの結び目にも、新しい生命のいぶきが感じられ、それこそが邪気を祓い、魔を封じる力を持つと考えたのでしょう。

月謝包み

また折形に欠かせないものといえば熨斗。
熨斗は本来、あわびを薄く長くはぎ引き伸ばして乾燥させたものです。 折形に熨斗をつけることは、紙に包まれているお金や品がけがれていないこと、さらには贈り主のけがれのないこころも表すとされています。 熨斗の包みには真・行・草とあり、状況や目的によって使い分けられます。

このように、折形と結びには、相手を大切に思うこころが込められています。