四季と礼法

四季と礼法

正月

門松や鏡餅などの正月飾り、おせち料理、お屠蘇など、お正月にまつわることが多くありますがが、それらが伝えられてきた由来をご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

理由がわからなければ、このような正月の行事はただ、めんどうなことに感じられてしまうかもしれません。しかしながら、先人たちによって伝えられてきた風習を後世に受け継いで行かないのは、誠に残念なことです。

そこで今回は、正月飾りについて触れてまいりたいと思います。

正月飾りに松は欠かすことのできないものですが、年の暮れに松を山から切ってくることを「松迎え」「お正月さま迎え」などといいます。松を飾るのは、歳神様の依代(依代とは神霊が依りつくもの)となるからです。そう考えると、門松にかぎらず、松は室内の飾りにも大切なものだということがおわかりいただけるのではないかと思います。

次に、しめ縄でつくった飾りを「しめ飾り」と呼びますが、しめ縄は神の鎮座する神聖な区域を示すため、邪気や不浄を清める意味がある、といわれています。玄関に飾るものは「玉飾り」、台所や勝手口など要所に飾るものは「輪飾り」などといいます。

また床の間の飾りを床飾りと呼び、小笠原流の伝書には次のように記されています。

「正月の飾りには裏白を敷きて その上に餅ふたつ置きて 昆布 柑子 俵物を餅の上に置き 末広の扇子を紙にて包み水引にて中を結び 熨斗を添えて飾るなり」

さて、最近はお屠蘇を飲む家庭が減っていると聞きますが、是非、年頭に召し上がっていただきたいものです。なぜならば、「屠蘇」の「蘇」は悪鬼を表すといわれ、悪鬼を屠るというのが、屠蘇の字義だからです。

みなさまにおかれましては、このような風習を取り入れられ、すがすがしいお正月をお過ごしくださいませ。

小笠原敬承斎