小笠原流礼法について

小笠原流礼法について

小笠原の歴史

遠光・長清父子坐像画
「開善寺(福井県勝山市)所蔵」

小笠原氏は甲斐源氏の一流です。その甲斐源氏は清和源氏の一流で源頼義の三男、新羅三郎義光を祖としています。

源平の内乱に戦功をたてた加賀美次郎遠光とその子である、小笠原氏の初世長清は、鎌倉将軍源頼朝から重く用いられ、「文治三年丁末十一月五日 頼朝卿挙げて弓馬師範となす。時に年二十六。命を承りて、弓始(ゆみはじめ)、奉射(ぶしゃ)、八的、丸物、笠懸、流鏑馬等の儀式を執行し、兼て犬追物これを権興す。」と、二十六歳で頼朝の弓馬師範となり、弓馬等の儀式を執行したとされています。

室町時代に長清より七世後、小笠原流礼法中興の祖とされる貞宗は後醍醐天皇より「小笠原は日本武士の定式たるべし」との評価、さらには家紋として「王」の字を賜りました。しかしながら「王」の字をそのまま用いることは 控え、それを象徴する三階菱を家紋としました。また、武門としては室町将軍足利尊氏に仕え戦功をあげました。

小笠原長清公館跡
「南アルプス市の小笠原小学校校庭にある石碑」

さらに後世、「小笠原といえば礼法」といわれる基盤を作り上げたのが貞宗より四世後の長秀です。将軍足利義満の命により、今川氏頼・伊勢憲忠両氏と共に長秀が、供奉、食事、宮仕えの応対の仕方、書状の様式、蹴鞠の仕方など、武士の一般教養を目指したといわれる「三議一統」の編纂にあたりました。

戦乱期、長秀より八世後の長時は武田氏との合戦に敗れ、信濃の地を逐われますが、その子貞慶は小笠原再興に奔走し、深志(松本)城を回復します。 貞慶は「三議一統」以来加えられた今川・伊勢両家に伝わる故実をくみ入れた小笠原流礼法の整序につとめました。天正二十年にそれが大成し、子の秀政に伝授したのが「小笠原礼書七冊」で、武家の質朴な礼の本義というべき 性格を示しています。


小笠原伯爵邸
「新宿区河田町 旧小笠原長幹邸宅」

江戸の世には、徳川譜代大名として秀政は信濃松本藩主に、その子忠真は豊前小倉藩主として幕政に携わります。 また、この時代の小笠原流は幕府の公式の礼法であるためお止め流とされ、一子相伝のもと、一般に教授されることはありませんでした。しかし、小笠原流を「格式のある礼法」として学びたいという声が町人階級から高まったことにより、礼法の本質を理解していない人々によって、教授が行なわれ始めてしまいました。

この流れは明治期にも変わらず、そのまま作法教育として女学校などで教えられた結果、礼法が堅苦しいものであると言う誤解がつくられてしまったのです。

さらに、第二次大戦後、礼法教育を行うことが難しくなり、戦後の風潮の中で日本人が持っていたはずの「相手を大切にするこころ」が薄れ始めました。

先代小笠原忠統は、このような日本の状況を憂いて、相手に対するこころを目に立たない、自然なかたちであらわすこと、つまり、「こころ」と「かたち」があいまって礼法は成り立つという思いのもと、自らが一子相伝の封印を解き、一般への教授を始め、生涯に渡り、礼法の普及活動に努めました。

その志は、小笠原敬承斎に受け継がれ、現在に至っております。

小笠原忠統(おがさわら ただむね)

小笠原忠統(おがさわら ただむね)

伯爵。
東京大学文学部卒業。長野県松本市立図書館長、相模原女子大教授などを歴任。
それまでの間、代々、守り伝えられてきた礼法を、一子相伝の封印を解き、広く一般に伝えようと努める。講演、執筆、テレビ出演に加えて、門弟の育成にも熱心に取り組む。
平成八年五月没。

主な著書
日本人の礼儀とこころ(1994)
小笠原礼書(1973)
図解 小笠原流礼法入門上下(1993)
美しいマナー読本(1989)
小笠原流礼儀作法入門(1984)
母と子のための小笠原流礼儀作法(1984)
知っておきたい礼儀作法(1984)
すてきな母親すてきなこども(1982)
小笠原流礼法入門(1981)
小笠原礼書七冊 復刻版(1973)

小笠原長幹 (おがさわら ながよし)

小笠原長幹 (おがさわら ながよし)

伯爵、貴族院議員。
学習院を卒業後、ケンブリッジ大に留学。帰国後式部官に任ぜられる。大正七年貴族院議員。大正九年陸軍省参事官。大正十一年国勢院総裁。行政制度審議会委員等歴任。

小笠原忠忱(おがさわら ただのぶ)

小笠原忠忱(おがさわら ただのぶ)

小倉藩第十代藩主。
慶応二年八月長州再征戦。藩庁を田川郡香春に移す。明治二年奥羽出兵の功により、永世禄五000石を賜る。同年六月藩版籍奉還により香春藩知事。同年十二月藩庁を豊津に移し豊津藩と改めその藩知事となる。明治四年七月廃藩置県で豊津藩知事を辞任。
明治六年より十一年まで英国に留学。豊前育英会を設立。

主な著書
小笠原流女礼抄(明治29年)

小笠原惣領家(宗家)系図

小笠原惣領家 系図