令とは

9日は聖徳大学附属女子中学校・高等学校、10日は聖徳大学附属小学校の入学式に伺いました。

IMG_5154新元号「令和」について、聖徳の見学の精神である「和」も含まれていることから、校長先生の式辞で令和は人々が美しくこころを寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味であることやご来賓の祝辞の中でも漢字の持つ意味についてふれていらっしゃいました。

新元号が発表された後、「令」は命令に通じるような、強いイメージを持つというご意見を何人かの方から伺いましたが、会食の席で中国にゆかりのある友人から「令」の意味について、論語の一説を用いて教えていただく機会がありました。

「其の身正しければ令せずして行はる。其の身正しからざれば令すと雖(いえども)従はれず」

上に立つ者は、己の身を正しくすれば、命令をしなくとも人々はそれに習って善を行う。
上に立つ者が正しい行いをしなければ、権力のもとに命じたとしても人々は従わないものである。

IMG_5168友人は、「令」は上から強制的に従わせるのではなく、自然に下の者をまとめる力を表しているとも話してくださいました。
もとは孔子が政治に関していったことですが、政治に限らず、ビジネスにおいて、あるいは家庭においても大切なこころがけではないでしょうか。
そのように捉えると「令」は素敵な文字であり、「和」は社会生活を行ううえで欠かせないものではないかと思います。

新入生の皆様、お互いに美しいこころで交流を交わし、心身ともに健やかに成長なさいますことをお祈りしています。

このページの先頭へ