アンドレア・デル・ヴェロッキオ

イタリアルネサンスの画家アンドレア・デル・ヴェロッキオ(1435~1488)の絵画と彫刻を見る機会に恵まれました。

IMG_4789ヴェロッキオの工房にレオナルド・ダ・ヴィンチは14歳で入門し、それにより才能が見出されるきっかけになったといわれています。
ボッティチェルリもこの工房に出入りしていたそうです。

ヴェロッキオが活躍した頃、日本では雪舟、土佐派、狩野派らを中心として水墨画が生じ、1400年代後半には東山文化が起こりました。
祖先小笠原清宗は戦国時代の1459年、長野県松本に林城を築城していますが、他方フィレンツェでは同時期にルネサンスが花開き、こうした素敵な芸術品は今も私たちを魅了しています。

IMG_4966これらの作品をいつの日かまた鑑賞することができればと存じます。

さて、本日は彼岸入りの日。
今週は先祖供養はもちろんのこと、己の存在を感謝し、自分自身を見つめ直す大切な期間として過ごしたいものです。

このページの先頭へ