事八日

今週末の土曜日8日は、「事八日」と呼ばれている行事の日です。
八日節供、八日待(まち)、八日ぞう、事始め、事納めなどともいわれます。
東日本では2月8日と12月8日、西日本では12月8日のみに行われることが多く、その場合は2月8日を「事始め」、12月8日を「事納め」とよぶのが一般的です。
ただし、その逆の場合もあります。

「こと」とは、行事、祭事、斎事(いわいごと)などを意味します。
目数の多い籠やニンニクなどを門口に高く掲げて、妖怪の到来を防ぐ風習があります。
かつては厳重な物忌(一定期間飲食や行動を慎んで不浄を避けること)をすべき日でもあったようです。
事八日は針供養の日としても知られています。
またお正月の事始めは江戸時代以降、12月13日とされることが多くなりました。

さて、年2回とする事八日には次のような説もあります。
お正月にお迎えする歳神様の事始めを12月8日、その神事を納める事納めを2月8日。
お正月に関する行事が終わって日常生活(昔は農作業)が始まる、人の事始めを2月8日、事納めを12月8日。
歳神様と人の事八日がそれぞれあるという思想、素敵に感じます。

1206ところで、事八日には無病息災を祈り、御事汁と呼ばれる里芋、ごぼう、大根、小豆、人参、こんにゃくなどを入れて作ったお味噌汁をいただく風習があります。
今週末はご自宅で御事汁(おことじる)を召し上がってみてはいかがですか。

このページの先頭へ