今、この瞬間

年齢を重ねるほど、過去の自分と比べて、体力や記憶力などあらゆる身体機能の低下を感じざるを得ないことがあるかもしれません。

1101それは、こころも同じ。
過去に囚われると、こころの視野を狭め、未来を切り開くことを己で閉ざしてしまう可能性があります。
しかし、年齢を重ねるからこそ、俯瞰してものごとを捉えることができ、人の優しさへの感謝の気持ちを自然に相手に伝えることができるようになるのではないでしょうか。

水は方円の器に随うこころなり。

いつもこころに微笑みを絶やさないようにするには、この小笠原流の教えにもあるように、捉われない融通性を持つことです。
過去のほうが幸せと感じた瞬間、今や未来に幸せは存在しないのではないかと思えてなりません。

今、この瞬間、小さなことにも感謝できるこころを持ち続けたい。
ささやかなことをも素敵と感じながら、日常を過ごしていきたいと思う今日この頃です。

このページの先頭へ