ときにはメールを

皆様も日々、電子メール(以下、メールという)をお使いのことと思います。

御礼やお詫びなど、丁重に気持ちをお伝えしたいときは直筆の手紙を選択することが好ましいと思いますし、直筆の文字には温かみがあります。
一方、手紙よりもメールのほうが気兼ねなく連絡を取り合えるという状況もあるでしょう。

ある件でこの数ヶ月ほどお力添えをいただいている方は、国内のみならず海外出張先からも進捗状況をメールで細かく報告くださいます。
しかもその方のメールには、必ず、その方のおこころが添えられています。
たとえば、ご多用のなかでお世話になることが申し訳ないとメールでお伝えしたときのお返事には、「お手伝いできることが嬉しいのです」と記してくださいました。

また過日、門下の方とメールでやりとりをしていました。
私に伝えるべき事項をわかりやすく、無駄なく、丁寧の度合いが行き過ぎることなく端的にまとめられていました。
かなり思考を重ねたうえで、送信してくださったことと拝察いたします。

image1正直なところ、メールがここまで普及する以前、手紙のほうが断然、望ましい通信手段と思っていた時期もありました。
もちろん現在も手紙を好んで書きますし、手紙に関する心得によって、メールに深みをもたせることができます。
ただし、返事を書くことが苦手と思っている相手、あるいは少しでも早く確実に情報を知らせたいときなどには、メールも通信手段のひとつに入れておく応用性は必要です。

メールにも、こころを吹き込めることができる。
そのように思う素敵なメッセージやこころ遣いをくださる方々に感謝いたします。

このページの先頭へ