霧島神宮

台風24号により被害に遭われた方々におかれましては、こころからお見舞い申しあげます。
関東でも今朝は通勤通学の方々にかなりの影響があった様子ですが、皆様、お健やかにお過ごしくださいませ。

週末、鹿児島出張の折に霧島神宮へご案内いただきました。
以前より霧島神宮へ伺ってみたいと思っていたのですが、連れて行ってくださった方の計らいにより、本殿での特別参拝をお願いすることができました。

IMG_3709手水舎に行こうとした際、「こちらでどうぞ」と巫女の方からのご案内で本殿の手前に進みました。
そこでは手にひしゃくで水をかけてくださり、いただいた白の紙で手を清めました。
本殿での祈祷の間、外から風が吹くたびに心身が浄化される気持ちがして、清々しい思いに満ち溢れました。
それだけでもありがたいことでしたが、祈祷後には別の建物にてお茶と鉾餅を頂戴し、権宮司の方から霧島神宮にまつわるお話を伺いました。

6月初旬、狭菜田の長田御田植祭(さなだのおさだおたうえさい)では、日本最古と伝えられる神田で早男・早乙女の方々によって早苗が植えられます。
また同月に行われる斎田御田植祭(さいでんおんたうえさい)は、年間100回を超える祭典や毎日の御日供祭に供えられるお米を作るため、斎田での御田植が行われます。
さらに10月初旬には、稲穂を刈り取る抜穂祭があるそうです。

IMG_3712その他にも貴重なお話を伺い、その後は明治36年に開業したJR肥後線嘉例川駅の木造駅舎を見学してから飛行場に送っていただきました。
週末の貴重なお時間まで割いて霧島市内を案内してくださった、お世話になった企業の方々に心底より感謝いたします。

鹿児島弁、とても難しいのですが、次回伺うまでには少しでも予習をしておきたいと思います(笑)

このページの先頭へ