八月納涼歌舞伎

月曜日の午後、久しぶりに歌舞伎座へ伺いました。
大変お世話になっている方から八月納涼歌舞伎の千秋楽へお招きにあずかったのです。

IMG_3573拝見した演目は「東海道中膝栗毛」と「雨乞其角」。
東海道中膝栗毛では、スマートフォン、自撮り棒なども小道具に使用。
早替り、さらには宙乗りも拝見できました。
最後の天国の場面では、神無月で出雲へ神々が出かけているうえ、仏滅で仏様もいらっしゃらないということでイエス・キリストが登場して無事、皆が天に召されます。

歌舞伎にスマートフォン、イエス・キリストが登場するなどということ、昔ならば想像もできないことでしょう。
こうした点だけを見ると、あまりにも現代生活にあわせてしまい、文化の伝承はどこへいってしまうのだろうかと考える方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、そうではないのです。
子鬼役で出演されていた市川右近さんは歩き方、踊りなどすべてに間があり、8歳とは思えないほどの落ち着きまでもが感じられました。
最も感激したことは、座っているときの手の表情。
美しく揃えて腿のうえに置かれた指は大人の方々に引けを取らず、一瞬たりとも動くことがなかったのです。

古来より続く芸の伝承はしっかりと受け継がれています。
基本が整えられているからこそ、現代に生きる人々にも感動を与えることができる。
日本の伝統文化を次世代へと受け継ぐために必要なお取り組みをなさっていることの素晴らしさを痛感いたしました。
続く「雨乞其角」は、雨乞いの句を詠むと、久しぶりに雨が降り、喜びのあまりに皆が踊りだすという楽しくもありながら風情のある舞台でした。

楽屋へご挨拶に伺った後、外に出てみると、まるで舞台にあわせて突然、雨が降っていた様子で、清々しい夕暮れの空を見ることができました。
これからは間を空けずに歌舞伎を拝見したいと思います。

このページの先頭へ