こちらから優しく接する

あるお店で友人とランチをしたときのことです。
席へ案内してくださった店員の方には、ほとんど笑顔がありませんでした。

席へ着いた後、お水が運ばれたとき、お料理を注文するとき、友人は常に笑顔でそのお店の方に「ありがとう」と声をかけながら接していました。

するとお食事が終わる頃には変化が起きました。
その方が「デザートはいかがなさいますか」と優しい声と表情でメニューを持参し、注文を聞いてくださったのです。

IMG_2850「こちらから優しく接することで先程のように表情が変わってくれると嬉しい」
お店を出てしばらくしてからそう語る友人のこころの持ち方がとても素敵に思いました。

無愛想、冷たいなどと相手を否定するのは容易なこと。

しかし、初対面の人、身近な人、どなたに対しても、まずはこちらから暖かいこころで接する気持ちをなくさないように努めたいものです。

このページの先頭へ