辰巳卓郎の葡萄酒浪漫

以前からお世話になっている辰巳琢郎さんが司会をなさっているテレビ番組「辰巳卓郎の葡萄酒浪漫」への出演依頼をいただき、4回分の収録のうち、すでに3回は放映が終わっています。
さらに光栄なことに、未生流笹岡のお家元 笹岡隆甫さんとご一緒の出演、ワインへの興味も深まり、充実した楽しい一日を過ごせたことに感謝しています。

ワイン笹岡さんは京都大学工学部建築学科を卒業された聡明な方で、華道について誰もがわかりやすく、お目にかかるたび、優しい口調でお話をしてくださいます。
皆様もご存じのように辰巳さんも京都大学文学部をご卒業、素晴らしい司会進行で、休憩中もお二人から様々なことを教えていただきました。

笹岡さんは、3歳で家元継承が決まっていらしたとのことですが、お年を重ねた門下の方からお聞きになったお話は、礼法でも指導している
「こころ」を「かたち」に表すこと、そのものでした。
お花は、そのまま捨てるのではない。
お花を紙に包み、感謝の気持ちを忘れないことが大切。

ものが豊かになると、必要がなくなったものへの関心が薄れて粗末に扱いがちです。
しかしお花に限らず、何に対しても最後までこころを傾け、礼を尽くすことは日々の生活のなかで欠かすことはできません。

素敵な機会をいただき、お世話になった皆様にこころより御礼申しあげます。

このページの先頭へ