継承会

年に2回、大阪の経済界の方々を中心に、小笠原流礼法の勉強会と懇親会を開催させていただいています。
会員の方々の奥様も多く出席してくださり、回を重ねるごとに和が深まっています。

会の立ち上げ時にお力添えくださった方々が、末永く次の世代に渡るまで会が存続するようにと、この会を継承会と名付けてくださいました。

IMG_1657このたびは大阪市内の日本料理店において、二つのお部屋をつないでお席をつくっていただきました。
お食事前に1時間ほど、基本動作、お正月に関すること、和食に関する作法をお話いたしました。

お食事中は「今までおしょうゆをつけたお刺身は左手を受け皿のようにして食べていた」、「お箸を持ってから器を取り上げていた」など、お料理が出されるたびに様々なご意見を拝聴することができました。
お刺身は、おしょうゆ皿を手に取ってからおしょうゆをつけて食べる。
器は右手で取ってから左手でしっかり持ち、それから箸を取り上げる。
このようにすると粗相が少なく、美しくお食事をすすめることができます。

IMG_1647会員の方同士、日頃から親交を深めていらっしゃることもあって終始笑いが絶えず、会話が弾み、デザートをいただき終えたときは開始からすでに4時間ほどが経過していました。
宿泊先のホテルに到着すると、各所にクリスマスの飾り付けがされており、ますます幸せな気分に!
翌朝は少し早起きをし、ゆったりとした空間で美味しい朝食をいただくこともできました。

来年も継承会の皆様とお目にかかれますことをこころ待ちにしております。
開催にあたり、特にお世話になりました方々に心底より感謝申しあげます。

このページの先頭へ