お正月の準備

昨年の今頃にもふれましたが、12月13日は正月事始めのすす払いの日。
この日は、旧暦の鬼宿日で婚礼以外に関することには縁起がよいとされていました。

水引まだ大掃除は行っていませんが、12月の直門のお稽古ではお正月に関することを学び、復習するだけでなく、お正月の準備を一緒にすることもあります。
土曜日と日曜日のお稽古では、小笠原家に伝わる1月1日から3日までの全ての日の調合が異なるお屠蘇に用いる漢方三日分をそれぞれ袋に分け、それらを鶴のお年玉包みに入れて水引を結んで仕上げました。
鶴のお年玉包みはお正月の時期に限って用いられるため、久しぶりの折形に苦戦されながらも皆様が楽しそうに作成されている姿は微笑ましいものでした。
漢方の香りは大変心地よく、「まだお屠蘇をいただいていないのに心身が浄化されるような気分です」というお声も嬉しく思いました。

お稽古が終わった後、六本木のけやき坂周辺を車で通ることがあったのですが、今までにないほどたくさんの人で賑わっていました。
最初は何かのイベントがあるのかと思っていたのですが、しばらくすると、坂の両側に煌めく木々のイルミネーションとその間に浮かび上がる東京タワーをスマートフォンやカメラで撮影することが目的であるとわかりました。
白色と青色のLEDで装飾された木々は大変美しいものではありますが、クリスマスの後に何となくお正月を迎えてしまうのではなく、古来より続くお正月の準備に、例年よりも少しだけ多く時間を費やしていただきたいとも感じました。
13日からお掃除を始めてみてはいかがでしょう。

このページの先頭へ