皇居の鳥

酉年である今年も、あと一ヶ月ほどで戌年を迎えます。
そこで、今日は鳥に関することに触れてみたいと思います。

山科鳥類研究所が送ってくださる会報誌で、この5年間で皇居内に生息する鳥に関する興味深い記事を拝読いたしました。
江戸時代より植栽と自生した植物によって巨大な緑地の皇居内では1965年より、山科鳥類研究所が中心となって、どのような鳥が生息しているのかを毎月調査なさっているそうです。

2013年から2017年までの間、最も多く観察されたのはヒヨドリ。
続いてハシブトガラス、メジロ、スズメ、シジュウカラと続きます。
このたびの調査とは別に、オオタカとフクロウが繁殖していることが確認されています。

小笠原流の室町時代の古文書には、タカのみならず、キジ、ウズラ、ヒバリ、コウなど、様々な鳥の名が記され、鳥を台に据えて出す心得なども説かれています。

鳥ところで、環境破壊による自然の変化により、生息できなくなった思いもかけない上位種が減って下位種が繁殖しています。
ハト、カラス、ムクドリなどによる農作物の被害、音や糞による被害は後を絶ちませんが、きちんと生ゴミを処分しないなどの人的な要因で鳥害が広がることもあります。

またツバメの糞に悩まされている方もいらっしゃると伺います。
ツバメが家に巣をつくると幸運が訪れる、といわれるような縁起担ぎだけでは済まないことではないかと思います。
ただし、鳥害を嘆くばかりでなく、環境破壊をできるかぎり減らす努力を私たちひとりひとりがこころがけ、自然と共存する努力をしなければならないのではないでしょうか。

このページの先頭へ