六曜

現代においては、七曜、すなわち日曜日から土曜日までを基本に過ごしていますが、室町時代に中国から伝わり、江戸時代には広く用いられた六曜(六輝)と呼ばれるものがあります。

六曜六曜とは、日時や方位などの吉凶、あるいはその日の運勢などに関する暦注のひとつで、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六種。

先勝は「先んずれば勝つ」、万事において急ぐことがよく、午前中が吉で午後が凶。

友引は弔事を避ける。
ただし、「勝負なき日」すなわち勝負ごとにおいては引き分けになるという日で、慶事に関してしては大安に次ぐよい日ではあるが、午の刻(午前11時から午後1時)は避ける。
「凶事に友を引く」ということから葬儀は避けると考えられている。

先負は「先んずれば負ける」、万事において急ぐことは避け、午前は凶で午後が吉。

仏滅は「仏も滅する」大凶の日であり、慶事やお見舞いなどを避ける日。

大安は大吉。

赤口は午の刻のみ吉、それ以外は凶。

六曜は旧暦におけるものであるのだから迷信に過ぎず、現代において用いることは好ましくないという説もあります。
昨今では、仏滅にも慶事をする人が増えています。
ただし、できる限りよいとされる日に祝い事を行い、難を避けたいと思う気持ちも理解できます。

どちらが正しいということではなく、先人の知恵を学ぶことは大切ではないかと思います。

このページの先頭へ