瓜の食べ方

ウリ科の代表といえばスイカ。
今日はスイカの日です。
スイカの縦の模様を綱に見立て、「なつのつな」から7月27日に制定されたそうです。

すいか小笠原流の伝書には、瓜の食べ方に関しても教えが記されています。

「瓜の包丁のこと・・・(中略)・・・大きならば皮をむくべし」

と瓜を出すさいの心得が説かれている一方、食べ方についての心得も残されています。
たとえば、

「瓜の喰いよう。一口に喰えば喰いあと月の輪に見えみぐるしく」

とあります。
食べ物に歯型のついた状態を周囲の人に見せることは失礼であるということ。
これは瓜にかぎったことではなく、様々な食べ物をいただくときにも応用できる心得です。

スイカは疲労回復、利尿作用に優れ、熱中症の予防にもなると聞きました。
今日は、久しぶりにスイカをいただきたいと思います。

このページの先頭へ