地蔵盆

京都でタクシーの運転手さんと、地蔵盆のお話をする機会がありました。
関東では馴染みの薄い旧暦7月24日の地蔵盆。
主には8月23日、24日に行われることが多く、地蔵祭りとも呼ばれています。
北陸、四国、九州などでも見られる子供中心の行事です。

提灯祠を洗い、飾り付けをし、お地蔵様(地蔵菩薩)の像を洗って清め、白粉をつけ、前垂れを着せて、その前には供え物と灯明を置きます。
毎月24日はお地蔵様の縁日、特に7月24日はお盆に近いことから地蔵盆と呼ばれるようになったともいわれます。

お地蔵様は道祖神としても知られていますが、こどもを守り救ってくださる神。
お地蔵様が六体並べられているのは、生死を繰り返す迷いの世界である六道から救ってくださるためともいわれます。
幼くして命を落としたこどもが、賽の河原で石の塔を築く途中で鬼に崩されてしまうことをお地蔵様が救済してくださるとも考えられています。

また勝軍地蔵といって、甲冑を身につけたお地蔵様をお祈りすると戦いに勝利し、飢饉などを免れるとして、鎌倉時代以降、武士から信仰されていました。

このように、古来よりお地蔵様は多くの人々から信仰を深められてきましたが、こどもを中心とした行事は絶やさずに受け継いでいきたいものです。

このページの先頭へ