「2017年4月」の記事一覧

春宵一刻値千金

お酒

先日、友人5名で食事をしたさいのこと。 このメンバーでの食事会は久しぶりだったので楽しみにしていました。 一人の方が 「春の夕暮れに、皆さんとこのような楽しい時間を過ごすと思い出す詩がある」 とおっしゃいました。 「どの・・・

ドアの向こうに感じた光

本部教室 お稽古

定期的に直営教室に伺うことにしていますが、先週末は師範のクラスにお邪魔しました。 教室のドアを開けた瞬間、光を感じたのです。それは照明や太陽の光ではなく、人から発せられ、こころに飛び込んでくる光。 なぜ、こんなにも暖かく・・・

初めての礼法授業

礼法授業

聖徳大学附属女子中学校・高等学校の新入生へ向けて、礼法の特別授業として講義をいたしました。 学校へは毎年、この時期に伺っているのですが、特に今年は生徒の皆さんから様々な意見や感想を伺うことができました。 たとえば、礼法の・・・

明日ありと思うこころの徒桜

東北門下の方々

宗家を継いで間もなく、東北地方でお教室を始めたいと思っていたときのこと。 残念なことに2009年末に閉館されたのですが、仙台駅前にあった仙台ホテルの方々のご協力によって、願いは叶い、教室を開く運びとなったのです。 それが・・・

不精

すずらん

不精ということばを用いる人が以前と比べて少なくなったように思います。 一方、不精ではないかと思える行動をとる人は増えているのではないでしょうか。 不精とは、文字が表す通り、精を出さずになまけること。 身体を動かすことを面・・・

このページの先頭へ